JUMP STORYming〜合言葉は「Thanks」座談会〜

有岡 さあ、というわけでこのウェブラジオ*1もですね終わりの時間になってしまいました。最後にねせっかくですからこの10年僕たち応援してくれたファンの皆さんに、ひとりずつ、メッセージを伝えたいと思います。どーします、これ。

山田 えぇー?

髙木 これにする?この順番…(笑)

山田 えぇ?だっ、誰から?

有岡 じゃ山田からになる…

山田 俺からぁ?!

髙木 ハハハハハ(笑)

山田 ほんとに?

中島 トップバッターお願いしますよ。

山田 え俺からぁ?!えっ、えぇーーーどぉなんでしょうねなんかあらっ…ためてこういう機会があるとすごく、なんっ、恥ずかしいんですけどでも、

中島 もじもじしてるかわいい。

山田 ま僕…(笑)らが10年続けてこれたのはーほんとに、ファンの皆さんが、ぇいたからだなあというふうに思っておりますほんとに、ぇー感謝してますし、ぇこれからもこの恩をちゃんと返していかなきゃいけないなというふうに思っているので、この、感謝の気持ちがーーま届けられればもうなかほっとにヘタなことは言わなくても、いかなーというふうに思っているので。とにかく、このベストアルバムが僕たちの今の、みんなと共に歩んできた10年のすべてだと、思っていますので、たくさん聴いて、ぇこれからツアーもありますので、えーーぜひぜひ、ぇこの10周年を、一緒に盛り上げていただけたらなというふうに思っておりますこれからも皆さんついてきてくださいよろしくお願いします。

知念 よっ。

中島 もうトップバッターでまとめみたいなっちゃってる。

有岡 やいいです。すてきな言葉でした。ストレートでね。さ、知念。

知念 さぁ、知念ですーーー。そぉーーですねーー。まぁでもほんとにぃー、ファンの、こうみんながいなかったらやっぱりこぉー、僕たちは活動できないわけで。まいちばんはライブかな。

八乙女 んー。

知念 直接声をきけたりするっていうのも、あるので。まそゆときやっぱりほんとに、あ、このみんなの声がききたいから、他のひとりでの仕事とかいろんな仕事、頑張りたいなって、ぇ、思えるんで、まあ、またなんかこお、みんな、僕たち見かけたら声かけて欲しいですし、

有岡 うん。

知念 まその、声にほんとに、あの力もらってます…なぁーの、ね、(笑)

髙木 ハハッ(笑)

有岡 泣くなよ(笑)

髙木 泣くなよ知念!(笑)

知念 いやっ、まあ、見えてないから、だけどちょっと実は泣いちゃってる…

髙木 ハハハハ(笑)

有岡 好感度上げようとしてんじゃねーよ(笑)

中島 こういうとこも知念のいいとこだな。

知念 やほんとにこうやって僕たちがいま、たくさんの人の前で、あのテレビとかあのいろんなのに出演したり、たくさんの大きい会場で、ライブとかできるっていうのも、ほんとに、皆さんのおかげだと思ってるので、これからも、よろしく頼むぜ。

一同 おおーー。

知念 ありがと。

伊野尾 今のでちょっと俺ほれた知念に今…

有岡 ハハハハ(笑)

伊野尾 ありがとで若干寄った*2ことによって距離感グッと縮まったじゃん?

中島 あーーーーー。そーゆう手法ね。

伊野尾 あれめっちゃきゅんとした。すてきだね。

中島 じゃ次わたくしですね。いやぁーほんとに、この、9人でやっぱ歩んできた10年と、それプラス、僕たちには、ファンの方がいて、とても心強くて、頼もしい存在がいて。めちゃくちゃ最強なグループだなあと思ってるんすよ。人数も多いし、可能性もその分あるし、それだけファンの人もたくさんいてくれるし。だからすごく、いつも感謝してるし、個人の仕事をしても、JUMPでの仕事しても、何してもこぉー、ちゃんと反応くれるし。それをすべてこう受け入れて…応援してくれるじゃないですか。でライブでこぅ一生懸命声出して僕たちの名前呼んでくれる子とかぁ、すごいかわいいなと思うんでぇ、でそれが僕らの生きがいんなってるわけですよもはや。もう無しでは生きていけないというか。だからほんとに何があってもこうついてきてくれて、ありがとうってことと、そーゆう関係を、これからも、築いていけたらなと、思うので、とりあえず、10年、お世話になりましたそして、これからも…よろしく頼むぜ。

一同 おおーー。

薮 今のどうでした伊野尾さん。

中島 どーですかいのちゃん!

伊野尾 いいーー。いい寄り具合だったね。

中島 ハハハッ!ありがとうございます。

伊野尾 低い声がいいね。

中島 ありがとうございます。じゃあ次…けーとっ。

岡本 いいですか。まずは英語から。I am nothing without you.ってゆうのは、

伊野尾 私は何も持っていません。

岡本 違う違う(笑)私はあなたがいなければ何者でもない、っていう。ね、あのーーね、みんなもよく言うけど2007年のデビュー当時とか、こうなんもできなかったみたいな。でここまで成長できたっていうのはやっぱりファンの皆さんだったりとか、あとまあメンバーのおかげだとも思うし。あとーー、なんかねぇ、たまぁに思うの。これだけ、いま人がいる中で、でこの、2007年から2017年、ていう、その限定された時間の中で、このね、Hey!Say!JUMPっていうメンバーと、で今これ聴いてるすてきなファンの皆さん、出会えたの、これ運命だと思ってます。

中島 デステニー。

岡本 Destiny. This is Destiny.だと思ってます(笑)いやでもぉー、ねぇ、まあこれからもー、ね、手を取り合って、幸せになれたらいいなぁーと思います。

髙木 はい。

岡本 ありがとうございます。

有岡 はい、僕有岡ですね。

中島 大ちゃん。

有岡 えっとーーまあそうですねーーま、10年間こ活動してきてさ、あのー、何事もこぉー、順調にいったわけじゃなくて、こぅ悔しい思いも、したことも、ありましたけども、だけどそんな中でこぅコンサートとかで皆さんにね、会うとすごく勇気づけられて、あの頑張ろう!という気持ちになれたのと、あとー結構、これいろんなねぇ、先輩とかスタッフさんにも言われるんだけどHey!Say!JUMPのファンはすごく声が、きれいで、大きくて、しかもっなんっ、高い。なんかすごく、いい歓声だねーって言ってもらえることが多くてそれがすごく、僕は嬉しくて、そして誇らしくて。あのーーとても、心強いし、だからーファンの皆さんにも僕らこぅHey!Say!JUMPのファンでよかった、と胸張って言えるような、存在、そんなグループになっていきたいなと、思っていますのでね、これからもながくながく、僕たちと共に、こう前に進んで、いきたいなと思っています。…ありがとう。

一同 ハハハハ!!

髙木 え、けっこー良かった?今の。

有岡 伊野尾さん、どうですか。

伊野尾 いやーーーね、ちょっとね、今のはね狙ってる感が強かったからねーーうーん。

中島 じゃあもうここはもう本命の髙木さんにお願いします。

髙木 いやそぉーーーーーーですねほんとに、今まで、まあ支えてくれた方ほんとうに、

中島 ぁ良い声だわぁーー。

髙木 ありがとうございます。ぇーーなんだろなぁ。ほんとに、こやってみんなが支えてくれてるから、振り返れる時間がつくれたり、っていう…なんか、ほんとに、こういう時間を、これから先も、つくっていきたいなと思っているので、それはほんとにみんなが、支えてくれなきゃ、ムリなので、ずっと、支えてください。えーー、そしてなんか、お前、ちょっと迷ってんじゃないか?ってときは、みんなの方が、俺のこと知ってるから、そゆときは、皆さんが教えてください。えーこれからもよろしくお願いします。ありがとう。

一同 おおーーーーーーーーーーー!

山田 伊野尾さんこれどうですか。

有岡 ナチュラルだねー。

伊野尾 ナンバーワン!

一同 ハハハハハ!!

伊野尾 ナンバーワンよこれ!チュン!ときちゃった。

中島 そんな伊野尾さんですよ次は。

伊野尾 あっわたくしですね。

中島 あぐらかいてないで。

伊野尾 いやーーーーーー、もう10周年ですよ。こうなんかこうひとつのことを10年続けるってぇ、なかなか、難しいことかも、ね、しれないことのなかで、こういうメンバーが集まって、10年、こーHey!Say!JUMPっていう活動を続けられたのはほんとに、なんだかすてきなことだなって思いますし、きっとこれをーーーー聴いてる人たちね、僕たちを好きになった頃は、学生だったのに社会人なった人とか、結婚した人とか、なんかそれぞれの人生が、あると思うんですけど、なんかその人たちの、人生に、なんかHey!Say!JUMPが、ひとつのエッセンスになって、なんか気持ちをどこか前向き、なったりとかね、元気づけたりとかすることが、この10年の中で、たくさんあったのなら、僕は嬉しいなあと思いますし、ま最近ねぇ、僕たちのことを知って好きになった方々にとっても、なんだか、ねぇ、人生が、少しでもこのHey!Say!JUMPで華やかになってもらえるように、楽しいものになるように、僕たちの活動頑張っていけたらいいなと思います。え皆さんこれからも…よろしく。

八乙女 ハハハハッ(笑)

山田 近かったね。

伊野尾 ハハハハハハ(笑)

髙木 ちょっとね、強かった(笑)

中島 ボワァッ!ってなったから。

有岡 耳にささる感じ。

山田 でもすてきな、言葉だったね。

中島 次じゃあ光くん。

八乙女 はい八乙女で、いきたいと思います。そうだねえ10年ほんとに…楽しいこと、たくさんあったけれども苦しいこともほんとにたくさんあって。で、これからーーーまあ20年30年て、過ごしてくときも、苦しいこともあるんだろうけれども、まあそゆときも、絶対に、こぉーー、ファンが支えてくれるんだろうなっていう、なんか信じてる自分もどっかしらいてー、でまあ去年のライブ僕個人的に体調崩した時期もあってぇ、ほんとにライブやべーな、つらいなって思ってたんすけど本番出た時に、ほんとにあのー、ファンのぉ、方の顔を見て、めっちゃ元気になったんすよなんか。そんときほんとにファンから力をもらってるっていうのを実感して、なんか、あこれからもぉ、歳をとって、体にどっかガタがきても、もぅ、なん、とでも、できるんじゃないかっていう。思えてますし、あとまあ、ほんとに、10年間、同じこうベクトルで、同じ目標を見ながら9人で、どんどん歩んできたっていうのも、ほんとにー、自信のかたまりがどんどん大きくなってく感じがして。なんか、かっこいい、おじさんになりたいなって思います。なのでこれからも…俺あえて、マイクから遠ざかって言います。

有岡 なにそれ、新しいな。

八乙女 これからも!よろしくお願いします!!これが八乙女流です。

中島 さ最後は薮さんお願いします。

薮 そーですねぇ。やぱこのグループってほんと、ほんと奇跡のグループというか、まもちろん、そのーーー、ジャニーさんがね、この僕らひとりひとりを、選んでくれてHey!Say!JUMPっていう、くくりでね、今、こう繋がってる部分もありますけど、ほんとHey!Say!JUMPのくくりを取っ払っても、こぉーー、ひとりひとり、普通に生活してても、なんか友だちになれたのかなって俺は思ってるくらいみんなひとりひとりのことか好きだし、でー、それを見て、そのーお客さんも、僕らの仲いい雰囲気を見て、もっともっと好きになってくれるっていう部分もあると思うし、それがすごく、自然体で、ここまで来れたことがすごくいいなあって思ってて。それはすごく、お客さんもそれを見守ってくれたから僕らも自然体でいれたのかなって、この10年、振り返って思ってますね。まあと、そのーーーーーーーいろいろ、ジャニーズもグループいっぱいあるじゃないですか。でもその中でもぉ、Hey!Say!JUMPを選んでくれたってことは、すごく光栄なことだしその選んでくれたことをこれからもなんか、裏切っちゃいけないというか。なんか、後悔さしちゃいけないと思うんで、なんか、どんどんどんどんみんなをね、もっともっとキュンキュンさせられるように頑張んなきゃなと思いますまあと、ほんとに、ファンの皆さんには感謝、ばかりですね。なんか、コンサートとかで、そのーあーこの人また来てくれたなあとか、思うんですけどほんと、デビュー当初からうちわとかも全然変わってなくてどんどん色あせてく姿とかを見ていくとうちわの色とかがね、すごく嬉しいし、また新しいファンの子が増えることもすごく嬉しいし。なんかどのタイミングで、ファンになった子も、僕は幸せにしたいなと思っておりますので、ぇこの気持ちをねみんなさん、9人そろって共有して、これからも頑張っていきたいと思います!じゃあこの、ことばで、締めます……結婚しよう。

一同 結婚しよう?!

薮 ハハハハハッ

中島 プロポーズできましたけどこれ伊野尾さんどーですか。

伊野尾 あのねぇ、最後の最後にちょっとよくわからないね、

一同 ハハハハッ!

伊野尾 よくわからない。

髙木 ずっと一緒にいようってことですか。

薮 俺もねぇ、俺もずっと一緒にいようって意味を込めて言ったんすけど自分でも…

中島 なるほどね。この部分リピートするんだろうね。

*1:ベストアルバム「Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O」の発売を記念して企画された、メンバー9人によるスペシャルストリーミングWEBラジオ。47分ある中、最後のメッセージ部分のみ抜粋しました。視聴期間2017/7/25〜9/24

*2:知念くんがマイクに近づいて「ありがと」と言い、ここからメッセージの最後はマイクに決め台詞をささやくという流れがうまれる。